【バイク】スーパーカブでのんびり旅でもしませんか?

  • 2019年6月19日
  • 2019年6月19日
  • バイク

わたしがスーパーカブを購入してから、かれこれ6年ほど経ちます。

昔は見向きもしなかったバイクでしたが、郵便局で郵政モデルのスーパーカブにはじめて乗ってからというもの、その魅力にとりつかれてしまいました。

今ではとても大好きな1台となっています!

このスーパーカブは普段使いだけでなく、旅バイクとしてもとても優秀なので、ご紹介してみたいと思います。

スーパーカブとは?

本田技研工業が製造するオートバイ。

1958年(昭和33年)のC100に始まるシリーズで、世界最多量産のオートバイならびに輸送用機器です。

あまりにも歴史が長いので書ききれません。

とにかく丈夫で高性能なバイクです!

詳しいことはWikiを見てください。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ホンダ・カブ

ちなみに、現在新車で購入できるカブは、50cc・110cc・125ccとなります。

スーパーカブC125
スーパーカブC125

なにこれ?かっこいい!!

スーパーカブのいいところとダメなところ

いいところ

  • 燃費がいい
  • 維持費がほとんどかからない
  • 整備が簡単
  • とにかく丈夫
  • 見た目がかわいい
  • カスタム品が安価
  • 積載に困らない

燃費がいい

原付なので燃費は本当にいいです。

カタログ燃費ぐらいは余裕だとおもいますが、多少違っても文句を言うほどではないのではないでしょうか。

因みにわたしはハイオクを入れて可愛がっています!

維持費がほとんどかからない

原付の魅力のひとつ、車検がないのと税金が安い。

このおかげで、そんなに乗らなかったとしても手元に置いておけるので、経済的にもとても助かります。

原付バイクの税金(年額)

原付(総排気量50cc以下) 2,000円
原付(総排気量50cc超 90cc以下) 2,000円
原付(総排気量90cc超 125cc以下) 2,400円

整備が簡単

基本的な整備は自分でもできちゃいます。

オイル交換はもちろんですが、タイヤ交換やチェーン交換なども可能です。

自分で整備すれば、それだけ愛着もわきますよ!

とにかく丈夫

これは郵便配達員(雪国は、雪が積もっててもバイクで配達します!)をしていたころに実感しました。

冬場は運転中に凍結などで滑って転ぶことも少なからずあります。

でも壊れないんです!(もちろんミラーが曲がったり、レッグシールドが割れることはありますよ)

ただ、中国生産になってからの郵政モデルのカブは、普通に走ってるだけでも壊れていた印象があります(ギア抜けなど)。

なので、JBH-AA04型とEBJ-JA10型のモデル(2012-2017)には注意した方がいいかもしれません。

現在は生産終了しているので、中古のバイクを選ぶ際はきちんと確認した方がいいと思います。

見た目がかわいい

個人差はあると思いますが、わたしは愛くるしい丸目のカブが大好きです(*’ω’*)

カスタム品が安価

一般的なバイクと比べて、カスタム品はかなり安いです。

ベトナム製のものは特に安いですねー。

溶接部が弱かったり、寸法が足りなかったりで「えっ!?」と思うこともしばしばありますが、そこはベトナムクオリティ!ご愛敬で(笑)

アウトスタンディングモーターサイクル ベトナムカブパーツが豊富
ナナカンパニー スーパーカブパーツ専門店
BRD バイクマフラー制作販売

積載に困らない

ノーマル状態だと他のバイクとそこまで変わりないんですが、キャリアやボックスをつければ積載量がグンとあがります。

センターキャリア(ベトキャリ)なんてのもありますよ!

センターキャリア(ベトキャリ)

おすすめはリアキャリア。フロントキャリアもありますが、ハンドル操作が悪くなるのであまりおすすめはしません。

とにかく積載には困らないと思います。

ダメなところ

  • 高速道路を走行できない
  • 燃料タンクが小さい

あえて欠点として記載しましたが、これは原付であるかぎり仕方がないことです。

走行に関しては、110ccクラスであれば80kmぐらいは余裕で出せます。(あくまでもそのぐらいのパワーはあるよということなので、法定速度は守って走行してください!)

高速道路や自動車専用道路などは走行できませんが、下道をトコトコ走るのがスーパーカブにはちょうどいいんです( *´艸`)

燃料タンクの大きさもも燃費がいいのでそこまで気にはならないはずですが、万が一に備えてガソリン携行缶を常備していれば安心です。

スーパーカブが旅のバイクに最適な理由

ざっとスーパーカブのいいところと悪いところを見ていただいたとおもいますが、欠点という欠点は正直ありません。

燃費のよさと、積載量、取り回しのしやすさなどはピカイチだと思っています。

目的地まで高速でビュッと向かうのもいいですが、旅路をのんびりトコトコ走るのも、新しい発見もあってすごく楽しいですよ!

「こんなところにこんな道があった。行ってみよう!」

こんなことができるのも、取り回しのしやすいカブの魅力の1つだと思います。

そして、急なトラブルにも対処しやすいこと。

出先で走行中に釘を踏んでしまい、パンク…。

実際に経験しましたよ。わたし(´・ω・`)

連休中だし、田舎だしでどうしたものかと悩んでいた時に思い出しました。

自転車屋さんで修理してもらえるということを!

スーパーカブは生産販売台数世界一だけあって、自転車屋さんでも取り扱っているところがほとんどです。

それだけに、修理してもらえる可能性もアップします。

見知らぬ土地を旅するにあたっては、こういったトラブルにも『柔軟に対処できるか』ということも大事になってくるのではないでしょうか?

そんなこんなでスーパーカブの魅力をざっと紹介してみました。

本当に乗ってて楽しいバイクだと思います。

テントや寝袋積んで、小さな冒険に出かけてみませんか?

おまけ(わたしのスーパーカブのご紹介)

 

スーパーカブ(EBJ-JA07型)110cc。中国生産に移行する前の型になります。(生産は2009-2012の3年間)

カラーはバージンベージュ

中古で2013年に購入しました。購入時はシングルシートのフルノーマルでしたが、いろいろいじくって今のかたちに。

基本的にベトナム製パーツを装備。BRDのスーパーエアBOX。ナナカンパニーのマフラー(今はノーマルに戻してます)。

エンデュランスのグリップヒーター付き。

シートはアンコ抜き後に低反発ウレタンを敷いてシートを張りました。

ボックスはアイリスオーヤマの密閉RVボックスをステーで挟み込んで固定しています。

出先でパンクしたのを教訓に、タイヤチューブとリムバンドはボックスに入れて携帯しています。

いろいろなパーツを買ってましたが、何年も前からこのかたちで落ち着いています。