はじめての登山靴に最適なキャラバン『C1_02S』

そろそろ山登りシーズンの到来ですね。

今回は、これから山登りをはじめたい方にピッタリな登山靴を紹介したいと思います。

わたしが登山をするようになってから、かれこれ5年ほど経ちますが、登る山が低山メインで2000m級の山には時々登る程度であったため、ずっとトレッキングシューズを愛用していました。(冬山にはもちろん登りません。)

しかも、ローカットのやつです。

columbia(コロンビア)セイバー2

ローカットの靴のほうが動きやすくて好きだったので、いつもコロンビアのセイバー2を履いて山に登っていました。

仲間からは「かかとまで覆う靴の方がいいよ!」と言われ続けていたんですが、全く買い換えることもなく履き続けていました。

しかし、軽くて動きやすいのはいいんですが、気を付けていても下山時に滑ってしまうことが結構あったので、足首を守るために新しい登山靴を購入することにしました。


次に購入する靴は前から決めていたこれ!

caravan(キャラバン)C1_02S です。

『ハイカットで軽くて日本人の足にしっくりくる靴』

これが条件でした。

ありがたいことに値段もリーズナブル。

メリットとデメリット

メリット

  • とても履きやすい
  • ゴアテックスなので蒸れにくい
  • カラーが豊富

とても履きやすい

登山靴はかたいといったイメージがありますが、このタイプは、低山や富士山などの整備のきちんとされた山に登る方向けなので、柔らかく履きやすくなっています。重さも軽いです。

日本のメーカーなので、品質にこだわってるのはもちろんですが、日本人の足の型にあわせて作られているので、フィット感も全然違います。

一般的な靴は窮屈になりがちですが、この靴は甲の部分が広いので、甲の広めのわたしの足でもムリなく履くことができます。

通常履くスニーカー(コンバースオールスターなど)は26.0cm、このC1_02Sも26.0cmで大丈夫でした。

足幅が狭い方や甲が低い方のために、ハーフインソールが付いてきます。

ゴアテックスなので蒸れにくい

山の天気はころころと変わります。急に雨が降り出すなんてしょっちゅうです。もちろん汗だってかきます。耐水性と透湿性をもったゴアテックス製品であえば快適に歩くことができます。

足が気持ち悪かったらいやですよね?

カラーが豊富

基本カラーはグレー、レッド、ブラウン、ネイビー、ブラックシルバーですが、65周年限定カラーとしてキャメル、グリーン、マルチが展開されています。

カラーが豊富だと、いろいろな服装にあわせられるのですごくありがたいです。これだけのカラー展開ができるということは、それだけ売れてるシリーズだということですね。

デメリット

  • 岩場のある山には向かない

岩場のある山には向かない

岩場のある山に登るときはソールがかたい方が歩きやすいので、岩場の多いところを登るのであれば、ワンランク上のGKシリーズあたりを選んだ方がいいですね。

富士山などの登山道がしっかりと管理されているところなら問題ありません!


キャラバンC1_02S

実際に使用したら、感想を書いてみますね!

関連記事

こんにちは、しまゆです。 今回は、福島県桑折町にある半田山自然公園へ行ってきました。 この公園内には半田沼という沼があって、ある時期になると半田山からハート型の沼(通称・ハートレイク)を見ることができるんです。 [capt[…]

こちらでデビュー!

松の葉っぱが多く滑りやすそうな場所でしたが、危ないなと思うことは1度もなく、快適に歩くことができました。足が蒸れることもなく、重さも全く気にならなかったので、とても使いやすい1足だと思います。(2019/05/12追記)